妊娠を希望する若い女性の場合、ホルモン療法が治療の選択肢

子宮内膜は、本来、子宮膣の内側にある組織なのですが、他の部位(卵管・卵巣・膣・骨盤腹膜・膀胱・直腸など)で発育・移動したりする状態が「子宮内膜症」です。子宮内膜症は30~40歳代に多く見られますが、20歳代でも起こることがあります。

子宮内膜症を発症する原因は解明されていませんが、卵胞ホルモンが関連して内膜の増殖を促進するともいわれており、複数の因子が重なり合って発症すると考えられてます。ただし、子宮内膜症は悪性ではないので、悲観する必要はありません。

組織が他の部位で発育したものであっても、卵胞ホルモンの影響を受ける点では変わりないので、子宮内膜症になると月経時には出血があります。ただし、子宮内膜と異なり、血が排出される出口が存在しないので、血液が滞り「チョコレート嚢胞」と形成し、膿腫や癒着の原因となってしまいます。

そのため、子宮内膜症になると月経の都度、痛みを感じるようになります。増殖した部位によりもますが、月経時の痛みが強くあらわれるようになるのは代表的な症状です。このほか、セックスで痛みを感じたり、月経過多になることもあります。

子宮内膜症の治療ですが、将来の出産を希望する若い女性の場合は、ホルモン療法を行うことがあるものの、基本的には手術で子宮を含めた患部全体を切除する方法が採られます。一定期間、黄体ホルモンで組織を沈静化し、出産後は手術で広範囲の摘出を行うこともあります。