子宮筋腫は40歳代の女性に最も多く、過多月経、貧血症状、月経痛が現れます

子宮筋腫は、子宮壁を構成する平滑筋細胞の一部が、妊娠と関係なく増殖し、肥大して腫瘍となった状態です。女性の病気の中では発生頻度が高いとされていますが、良性の腫瘍ですので生命を脅かすことはありません。子宮筋腫は、好発年齢は30~50歳の間で特に40代での発症が全体の半分を占めています。

子宮壁の細胞が異常増殖する原因ははっきりとわかっていませんが、動物では卵巣でつくられるエストロゲンを多量に注射すると、子宮が肥大して、筋腫ができることがわかっています。実際、妊娠するとエストロゲンの分泌は活発化し、増加して、筋腫は大きくなっていきます。それが出産とともに、筋腫は小さくなっていくこと、閉経後にエストロゲンの分泌が少なくなると、やはり筋腫が小さくなることから、エストロゲンが何らかの形で関与していると推測されます。

子宮筋腫は米粒大のものと成人の頭部ほどの大きさのものでまで、さまざまです。妊娠との区別をするためには、尿を採取して妊娠反応をみることで直ぐにわかります。また、子宮体がんで子宮が大きくなるケースもあるため、がんとの区別も重要です。子宮周囲の炎症や骨盤腹膜炎を発症した場合も、婦人科の内診で金主と同様のしこりに触れることもあるため注意が必要です。

筋腫の部位、大きさによって症状は異なりますが、主に過多月経とそれに続く貧血症状、月経痛、肥大した筋腫が膀胱や直腸を圧迫することによる頻尿や便秘などが挙げられますが、自覚症状が全くないケースも少なくありません。妊娠に合併して起きた子宮筋腫は、流産になりやすく、早産、難産のリスクも高くなります。産後、出血多量で危険な状態になることもあります。

子宮筋腫の治療の基本は手術療法となります。手術には筋腫の部分だけ切除して子宮は温存する方法、子宮体部のみ切除して膣は残す方法、子宮を全て摘出する方法の3つがあります。妊娠・出産を望む場合は、子宮を温存することになります。子宮の全摘出する場合も、通常は一方の卵巣は残すので、女性ホルモンは分泌されます。したがって、術後に更年期障害が現れるといったことはありません。